蒼天空路 Photo Weblog

黒星

カテゴリー パソコン

相変わらずお金にならない内職が繁盛中・・・

今回の患者は、「起動しなくなったパソコン」

「起動に必要なシステムファイルが見つかりません!」的なメッセージが出て、それ以上進まないパターン。
こういう時は、「ディスクのエラーチェック&修復」で、あっさり治るのがほとんど、駄目でもOSの上書きインストールで事なきを得る。

だが今回の場合は、ちょっと症状が重い。
ハードディスクを認識しないので、エラーチェックもOSの再インストールもできない。
ディスクの中から、小さいながら規則的な異音が・・・ 仲間内でいう「スイッチョン※」ディスクだ。
                                            ※異音が虫の鳴き声ににてるので・・・
焼肉屋の婿殿※に聞くと、こういう場合は基盤の移植をすると治る場合があるそうだ。
                                            ※焼肉屋の婿殿=FS友達

同じ型番のハードディスクを用意する必要があるそうだ。・・・・・現行モデルではないので中古で探すことに
400GB3000円也。 微妙に高い・・・ あと2000円も出せば、1TBが買えるわ!

左が患者・右がドナー
生体間移植を行う!

ここで、動きました!! となる予定だったんですが、とうとう息を吹き返しませんでした。
素人に出来るのは、ここまで。

本職に頼むことにしましょう。
ハードディスク修復専門業者に送って、見積もりが届きました。
見積もりフォームへ入力してから現物を送って、電話で見積もりが来るまで48時間、早い。さすがは専門業者。

見積もり額 9万5千円

かなりの重症だったようで・・・・そりゃ素人には治せんわ。

このところ修復率100%で走ってたんですが、久々の敗北、黒星です。
これだけは、星の貸し借りはできないようで。。。


コメント

コメント(2) “黒星”

  1. すぽ

    ほぉー。HDDの基盤移植と言うバチスタがあるんですねえ。でも高っ!!流石専門病院だけある。

    でも、幾ら電気が強いとは言え、モグリのブラックジャックにとってメス(半田ゴテ)持って移植オペは怖いな。

    返信

    • mim_chan

      なんとまあ、HDDを開けて、ヘッドを交換しなきゃいけないので、このお値段らしいです。

      あと基盤の移植自体は、ドライバー1本で出来るんですぜ。

      返信

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)